GARDEN

CONCEPT

画像

GARDENから「土着と渡来」の新たな文化の発信地として 派生したセレクトショップ。
2階建(1階と地下)の店内は FASHION / ART / MUSIC / BOOK / FOODの ジャンルに分かれ、 さまざまなテーマを毎シーズン提案。
GARDENとは違う視点で、 日本国内に限らず、 世界からの選りすぐりの 品揃えを展開している。

吾亦紅とはバラ科の植物の名称。
英語でGARDEN BURNET。
「吾(われ)もこうありたい」 という思いを込めて名づけられたという説がある。
命名するときに、
「赤黒いこの花は何色だろうか?」
という論議があり、 そのとき集まった皆はそれぞれに “茶色”、“こげ茶”、“紫”などと言い張ったが、 そのとき選者に何処からか
「いや、私は断じて紅ですよ」
と言う声が聞こえた。
選者は
「花が自分で“紅”と言っているのだから間違いない。 吾(われ)も“紅”と選定する。」 と答えて「吾亦紅」となった という説もある。

「紅」という言葉が日本の国旗のイメージでもあり、 「我も紅」=「我々は日本人」 という意味も含み、店名は付けられている。

Multi-brand store with the concept of “domestic and import”, derived from the existing GARDEN store as the new space to transmit new cultures.
The two-story store (first floor and basement) can be divided into five genres of FASHION / ART / MUSIC / BOOK / FOOD and introduces different themes every season
It takes a different angle from GARDEN by not only focusing on domestic brands, but also importing highly-selected products from all over the world.

吾亦紅 (WARE-mo-KOU) is GARDEN BURNET in English and is a plant in the family Rosaceae.
It is thought to be named after the deep longing for “ware mo kou aritai (I want to become)”.
During the naming of this flower, there arose a discussion of what color this dusky-red color really was. People who gathered had different perceptions and called out different colors like “brown”, “dark brown” or “purple”.
Amidst the debate, there came the voice out of nowhere.
“No, it is simply crimson”. The person followed “Even the flower is referring to itself as ‘crimson’, therefore it cannot be wrong.
I (吾ware) will choose crimson (紅kou)”.
That is another theory of how it came to be known as “ware-mo-kou”.

The word “Kou (crimson)” also convey an image of the Japanese Flag.
“Ware-mo-Kou” = “We are Japanese” This is another story behind the name of this store.