吾亦紅

DESIGNER INTERVIEW

#1  #2  #3

ANDREW BLYSZAK

BLYSZAK

Q:ブランドを始めたキッカケ、あなたのアイウェアの最初のスタイルである 「Signature」を作った経緯を教えてください。
長い間愛用していたサングラスがあって、それは高価なものではなく、母が南フランスのフリーマーケットで買ってくれたものだったんだけれど、ずっと使っていたから最後は完全に壊れてしまったんだ。すごく洗練された形で、似たようなスタイルのサングラスを新たに探したんだけど見つからなかった。仕方がないのでメガネブランドで働いていた友人に話したら、作るのを手伝ってくれると言ってくれたんだ。最初は、このSignatureスタイルは自分のためだけに作ったんだけど、周囲からの反応がすごく良かったので、メタルとバッファローホーンというコンセプトを加えて進化させた。そうやってブランドがスタートしたんだ。
Q:あなたのスタイルはすべてメタルとバッファローホーンで製作されていると思いますが、それに関して何か特別な意味はありますか?
BLYSZAKのアイウェアは、アセテートと呼ばれる樹脂を使用していないんだ。その代わりに、今まで誰も行ったことがないメタルとバッファローホーンというとてもユニークな組み合わせを使用している。アイウェアブランドのほとんどが安価なアセテート樹脂を使用しているけど、BLYSZAKはバッファローホーンを採用し、確実にレベルアップさせ、他のブランドとの差別化を実現させた。バッファローホーンは主にナイジェリアから輸入していて、食肉用の水牛の角を二次的かつ、倫理的に使用しているんだ。
Q:ふと疑問に思ったのですが「Signature」の次の新作が「Collection Ⅲ」だと思います。「Collection Ⅱ」が存在しない理由を教えてください。
良い質問だね(笑)! 最初、コレクションⅠはSignatureのブラックで、コレクションⅡがSignatureの他のカラーだったんだ。白や他のカラーを作って、コレクションⅡと呼んでいたんだけど、その後まったく新しいスタイル(コレクションⅢ)をスタートしたのでⅠとⅡはまとめてSignatureと名付けることにしたんだ。だからⅡが存在しないんだよ。
Q:ここ1年で「CollectionⅢ」~「CollectionⅤ」と、ロンドンコレクションブランドの「Edward Crutchley(エドワード・クラッチリー)」とのコラボ、パリの「Colette」とのカプセルコレクション等の新作を発表していますが、今後の新しい試みを教えてもらえますか?
今、進行しているめちゃくちゃエキサイティングなプロジェクトが2つあるんだけど、まだ言えないんだ。ちょっとヒントを出すとしたら、1つはアメリカ人ポップスター絡み。その時が来たら一番に教えるよ。
Q:元々、ロンドンで有名なセレクトショップ「LN-CC」に働いていたそうですが、その時の仕事内容を教えてください。
マーケティング、コミュニケーション部門のグローバル責任者として働いていたよ。
Q:あなたは、自身のInstagramやブランドのInstagramにかなり注力していると思いますが、あなたが考える今後のファッションとSNSの向き合い方やその重要性ついて聞かせてください。
LN-CCでデジタルマーケティングを担当していた時から、ソーシャルメディアは最も重要なコンバーターだった。あれが4年前で、今も当時と変わらずの影響力を持っている。特にインスタグラムだね。フェイスブックやツイッター、その他のSNSはそこまでの強さを持っていないけれど、インスタグラムはすごい。事実、e-コマースのほとんどはインスタグラムとリンクしているんだ。
Q:あなたのアイウェアは洋服のスタイルを選ばない、幅広いスタイルに合う部分が吾亦紅でも売れ続けている理由の1つだと思うのですが、我々のように「洋服」を主として仕入れているショップにおけるファッション(衣類)とアイウェアの関わりについて、アイウェアはある種、普遍的で、ファッションは常に流動的な感じがします。ファッション(衣類)ありきのアイウェアとして、またはアイウェアありきのファッション(衣類)としてデザインをしていますか?
僕は元々ファッションの出身で、常にアンダーグラウンドで活動してきたんだ。今までのどの仕事でも誰も想像しないようなことを考えていて、ただのアイウェアブランドになるのを避けることはとても重要だった。ファッション出身だけど、ファッションはフォローしていない。クライアントがかなり異なるからね。吾亦紅は、フィロソフィー、エリア、セレクト、ストアすべてがBLYSZAKに合っていると思うんだ。LN-CCや他の取扱いショップもそう。そこがポイントなんだ。このブランドはアイウェアブランドになるつもりは一切ない。言うならば、僕の考えを表現する場なんだ。このブランドがすぐに人気になった理由はそこにある。日本の人たちは、全身ブランドもので着飾ることを求めているわけじゃない。もっと「こんなアイウェアブランドがあるんだな。確かに他で見たことがない!」という感じ。ブランドとして、他とは異なるアプローチをしているんだよ。
Q:個人的にも今、ロンドンが最も面白いと思うのですが「吾亦紅」は、インポートブランドの約6割がロンドンベースのブランドです。あなたのレーベルを含めてロンドンブランドの面白いところを教えてください。そして個人的に注目しているブランドも教えてもらえますか?
正直、今僕が注目しているUKブランドのすべては吾亦紅で取り扱っているよ! 他のブランドを考えようとしたけど本当に思いつかないね。
Q:「吾亦紅」としても今後、危惧している部分なのですが、イギリスのEU離脱についてのあなたの考えを教えてください。離脱によって、日本とイギリスとのビジネスは今後どのように変わってくると思いますか?
イギリスがEU離脱を決めた時、最初は反対だった。でも、正直今は、離脱しようがしまいが、関係ないと思ってる。結局、個人によると思うんだ。一生懸命働いていたり、確固たるビジョンを持っていたりしたら、どんな経済状況でもそのビジョンを実現化させる。政府がどうだろうと関係ない。個人的な意見だけど、EU離脱は僕のビジネスには良い影響を及ぼすと思う。なぜならビジネスのほとんどが海外だからね。日本にとってもフリートレードが増えてかなり良くなるはずだよ。
Q:ロンドンにあなたのブランドの直営店を作ると聞いたのですが、その経緯を教えてください。
そうなんだよ!今年6月に初のBLYSZAKショップをオープンするんだ。ショップのサイズは小さいけれど、初だからね。来年は2店舗目をLAにオープン予定で、その次は東京かアジアのどこかかな! BLYZAKは立ち上げからまだ1年半と若いブランドだけどかなりの成果を出してきている。初のショップオープンが本当に楽しみだよ。場所はイーストロンドン。ロンドンの中でもショップが立ち並ぶ他のエリアからはだいぶ離れているので、目的地としてわざわざ足を運んでもらうことになるとは思う。ロンドンの中でも、ローカルのクリエイティブな人たちがまだそんなに興味を持っていなくて、でも確実に知られてきているイーストロンドンで、フルコレクションを見てもらうのが狙いだよ。
Q:日本のマーケットにおいて今後の新規取扱い等の展望はありますか?
今現在日本では3つのショップで取扱いがあるんだけど、かなり良い関係を築いているので、これ以上広めるつもりはないよ。僕は小さなブティックと密にビジネスをして、一緒にマーケティングやイベントをするほうが良い。アメリカでも25のショップで取扱いがあるんだけど、バーニーズ以外はすべて小さなショップ。 お客さんとやり取りをして、バイヤーと密に仕事をして、チームと一緒にイベントをして、みんながブランドに近く関わっている、それが僕にはとても重要なんだ。日本でのショップ候補地としては大阪かな。
Q:デザインのインスパイア源は何ですか?
現在にはあまり興味がなくて、過去にインスパイアされる。最も大きな影響のひとつは90年代。自分が育った時代でもある。90年代は消費者がとても強かったし、あの当時のヘルムート・ラングのようなブランドみたいに、クリエイティビティが最高に強いブランドも多かった。
Q:生きている&幸せと感じるのはどんな時ですか?
旅をしているときかな。どの国でも構わない。他のカルチャーを知ることが大好きなんだ。1年のうちロンドンにいるのはわずか3ヶ月。あ、でもパリはそんなに好きじゃないけどね(笑)

BRAND:「BLYSZAK」
DESIGNER:ANDREW BLYSZAKA
BLYSZAKEYEWEAR.COM/
INSTAGRAM @blyszakeye

Q :(取材を終えて)ところで、澤村とはどんな人ですか?
TAISUKEとは出会ってまだ1年弱。彼がLN-CCでBLYSZAKのことを知ってオーダーを入れてくれたんだ。それから吾亦紅に初めて納品したのが去年の7月。それまで彼らのことは全く知らなかった。LN-CCでは他のストアのことを良く話すんだけど、聞いたことがなかったので彼らのインスタグラムをチェックして、よし、次に日本に行ったら必ずストアに立ち寄ろうと思った。で、それが実現したのが去年の秋。正直今は、吾亦紅が世界で最もイケてるメンズのセレクトショップだと100%自信を持って言えるよ。TAISUKEはもちろん、ストアの雰囲気は本当に最高だし、セレクションも素晴らしいんだ!
Q : What made you start your own brand and also how did you get into designing the first collection ‘Signature'?
I had a pair of sunglasses for a long time. It was very cheap. My mother bought it for me at a Flea Market in South France and I was wearing it for a long time but after a few years, it completely broke. It was very sophisticated shape and I tried to nd a new pair but couldn't find the style. Then I met with a friend who worked at eyewear brands and told him “I want to make this” and he was like “Ok, I'll help you”. Originally I decided to do this signature style just for me, personal use but showed it to some people and they really liked it. So I developed the concept of Metal and Horn. That was how the brand started.
Q : Is there any specific reason as to why all of BLYSZAK collections are made of metal and Buffalo horn?
As a brand, we don't use acetate. Metal and Buffalo horn together make style quite unique and in the world no one had ever done that before. The reason why Buffalo horn is because it is a substitute of acetate. Everyone uses acetate because it's very cheap. But we use Buffalo horn, absolutely elevated. There are hundreds of eyewear brands but they aren't special because they use acetate instead of Buffalo horns. Buffalo horns we use are mainly from Nigeria and Buffalos used for meat, so ethically sourced.
Q : Just curious… The second collection after Signature is Collection Ⅲ. How come there is no Collection Ⅱ?
Haha, that is a good question! Originally the Collection I was Signature in just black and the Collection Ⅱ was Signature in different colors. We did white color and other colors then called them Collection Ⅱ but we started a new style (Collection Ⅲ), so combined I and Ⅱ and called them Signature. This is why there is no Collection Ⅱ.
Q : You have released Collection Ⅲ, Ⅳ, V and a capsule collection with Colette and also had a special collaborations Edward Crutchley during the past year. Please tell us if there is any exciting new project coming up!
I have 2 exciting projects coming up, but cannot talk about it yet. Only thing I can tell you now is one project is with an American pop star. Too early to say right now but I will tell you first when the time comes.
Q : Before you started Blyszak, you were at one of the most famous multi-brand store in London“LN-CC”.What was your role over there?
My role was the global head of marketing and communications.
Q : Nowadays everyone uses social media. Both Blyszak and your personal IG accounts have many followers too. What do you think of the undeniable power of social media?
I have a digital marketing background and through working at LN-CC, our biggest convertor was social media and that was 4 years ago. Now it's still as strong as then. Especially Instagram. Facebook, twitter and any other SNS are not that powerful but Instagram is. In fact, most of our e-commerce is through Instagram.
Q : We think your eyewear don't choose particular clothes but matches with any kind of fashion styles and that is one of the main reasons why BLYSZAK is really popular at our store. Fashion, especially clothing, has ever-changing trends but eyewear is somewhat different. How do you see eyewear in fashion industry?
My background is in fashion and has always been underground. I always think that no one expected through all my job, all my career. It was very important for me not becoming just an eyewear brand. Doesn't follow fashion. Although my background is fashion, it's very different client. I think WAREMO KOU (philosophy, region, buying and stores) is very in line for this brand. Same as LN-CC and a few stores in the world. That is the point. This brand has never intended to become an eyewear brand. It'smore expression of what I think. That is why this brand got popular so quickly, is because like Japanese people, they don't necessary just want the brand, brand, brand. They want something like ‘wow this is an eyewear brand. Actually it doesn't look like anything else'.So it has a different approach as a brand.
Q : I personally think that London is the most exciting ‘It-City' right now in terms of fashion, design, music and architecture. 60-70% of import brands at WAREMO KOU are from London. What do you think about the current UK fashion scene? Are there any UK brands you are paying attention to?
You guys got all cool UK brands basically. Trying to think about other brands but can't.
Q : In June 2016, the UK decided to leave the European Union. That was quite shocking news to the world. Do you think the decision will affect on your business?
Originally when they decided to leave the EU, I thought I wanted UK to stay. But actually it doesn't matter whether leave or stay. It depends on individuals. If you are a strong worker or do have a vision, you can make your vision happen in any economy. It doesn't matter if the government goes this way or that way. For me personally, it's better for my business because it's all about international. I think it would be really good for Japan because there will be more free trade.
Q : We heard that you are going to open your rst Flagship store in London. Please tell us more about the exciting news!
Yes, we will launch our first BLYSZAK store in June! It is going to be quite a small store but it will be the rst time as a brand. Next year we will open the second one in LA. After that, maybe in Tokyo or somewhere in Asia! The brand is still young; it's been one year and a half but is lots of success. So I am pretty excited. The store will be in East London and it's very away from all other shops, so it will be a destination store. The idea is to have a full collection for everyone in London, especially East London, where not much local creative people are interested but is getting more recognized.
Q : Do you have any plan to expand distribution in Japan?
Now our products are available at 3 stores in Japan and we do really good business with small stores so I don't think we will expand Japanese market. I prefer working close with small boutiques and doing more marketing and events. We have 25 stores in the US, and they are all small stores except Barneys. That is really important for me. Getting in touch with customers, working with buyers, doing events with teams, making sure everyone is being in the brand closely. For Japan, maybe some store in Osaka in the future.
Q : What inspires you to design?
Actually I am very inspired by the past. Not the present. One of my biggest references is 90s, that's when I grew up. I think in 90s, consumers were quite strong but also creativity was super strong, like Helmut Lang or those brands during that time. Those are my inspiration.
Q : When do you feel alive and happy?
I feel good when I am travelling. Any countries. I love knowing different cultures. I'm in London only for 3 months for the whole year. I don't like Paris tho, haha
(After the interview) So, what kind of person is Taisuke Sawamura?
I’ve known him about a year, not that long. He found out about my brand at LN-CC and placed an order, then we delivered the first order to their store last July. I had no idea about the store. At LN-CC, we talked about other stores a lot but had never heard of them but checked out their Instagram and I was like OK, I have to check them out when I’m in Japan next time. Then I visited their store last year and now I think Waremo Kou is the BEST Men’s selection in the world, for sure! 100%! That’s not just because I like Taisuke a lot, but I really think the feeling of this store is amazing and the selection is so good!

DESIGNER INTERVIEW

TOP